一閑張り。

森町を中心に活動されている一閑張りの作家さんの作品を、当店に置かせて頂きました!(≧∀≦)
是非、ご覧下さい。

徐々に柿渋の色が濃くなっていくので、バッグの表情が変わっていくそうです。
竹や木で組んだ骨組み(最近では紙ひもを用いた物もある)に和紙を何度も張り重ねて形を作る。また、木や粘土の型に和紙を張り重ねた後に剥がして形をとる方法もある。形が完成したら柿渋や漆を塗って、色をつけたり防水加工や補強にする。
一貫の重さにも耐えるほど丈夫なのが由来なので漢字の書き方も一貫張という地方もある。
(ウィキペディアより抜粋)

自家焙煎珈琲屋 百珈 - もか -

豆の量り売りとハンドドリップのコーヒーが飲めるお店 "遠州の小京都" 森町の古民家で、自家焙煎した16種類のストレートコーヒーを販売しております。

0コメント

  • 1000 / 1000